ちがいはナニ? ~社会主義と共産主義~

[07/09/21]


 

現在、世界には中国など5つの社会主義国がありますが、その対となる体制が資本主義。

資本主義は経済を大きく発展させる一方で、経済格差を生みやすいデメリットがあります。

そこで貧富の差がない平等な社会をつくろうと19世紀半ば、ドイツのマルクスとエンゲルスが体系化したのが共産主義という思想。

これは全ての資本(土地やお金、生産手段)を国民が共同で所有し、平等に分配する理想社会を目指すもの。

国民はあらゆる面で平等だから階級も政府も必要なくなるとされました。

この共産主義国をつくるための「第一段階(発展段階)」とされたのが社会主義。

つまり過渡期というわけです。

ここでは国が生産手段を所有して経済を管理し、国民に仕事を割り振って平等な社会を実現しようとしました。

社会主義国は旧ソ連が確立して以降多数誕生しましたが、残念ながら共産主義国家は一度も成立したことがありません。

 

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索