植物選びは慎重に

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う外出自粛の影響で、ガーデニングが人気となっております。でも、何も知らずにうっかり植えると、のちのち後悔⁉することも・・・。植物の特性を知ってから植えましょう!

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

ああ繁殖がとまらない!!

【地下茎で増える】

庭に植えると地下茎が爆発的に伸びて、駆逐できなることがあります。竹・笹、トクサ、オリヅルラン、ドクダミ、フキ、カタバミ(オキザリス)のほか、ラズベリー、スズランも要注意。またミントやレモンバームなどのハーブ類にもやっかいなものが多いので、プランターで育てるか、庭植えするなら事前に遮根シートや根止めを設置しておくことをおすすめします。

※画像 レモンバーム

【つるが伸びる】

ツタやアイビー、プミラ、宿根アサガオ、ツルニチニチソウ、ハツユキカズラ、ノウゼンカズラ、ジャスミンなど、つる性の植物も塀や家の壁に張り付いてしまうと、はがしても跡が残るうえ、植物が出す成分で家が傷んでしまいます。ネットや支柱、オベリスク、パーゴラなどを設置して這わせるか、這いあがる前に剪定するようにしましょう。

※画像 ノウゼンカズラ

【タネを飛ばす】

大量のタネを飛ばして庭のあちこちで大増殖する植物も危険。ソープワート、シオン、フェンネル、ナガミヒナゲシなど。

※画像 シオン

実は危険な植物だった⁉

【トゲがある】

苗のころは気にならなかったトゲも、大きくなるにつれて凶器と化します。バラやヒイラギ、ピラカンサスなど。植える場所に気をつけましょう。

※画像 ヒイラギ

【毒がある】

庭木によく利用されるイチイの木は、赤い実を食べることができますが、タネは5粒程度で致死量となるほど危険!お子さまやペットがいる家庭では要注意です。

※画像 イチイの木

こんなはずじゃなかった・・・

【大きくなる】

思った以上に巨大化する樹木も庭木としては困りものです。シマトリネコ、ビワ、タラノキ(タラの芽が採れる)のほか、モッコウバラも大株なりやすいようです。植える前にどの程度大きくなるのかよく調べておきましょう。

※画像 モッコウバラ

【む、虫が・・・】

蜜源になる植物を植えると、ミツバチなどが寄ってくるものですが、サクラやブルーベリーにはガの幼虫が発生。毒がある毛虫もいるので、害虫駆除がかかせません。

※画像 ブルーベリー

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索