身丈と着丈

WEBサイトで洋服を注文するときに見かける『身丈』と『着丈』。似ているようでちょっと意味が異なります。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

もともとは着物の寸法をあらわしたもの

『身丈』と『着丈』はもともと着物の寸法をあらわしたもので、『身丈』は仕立てあがりの着物の総称のこと。着物には腰のあたりをたくし上げる「おはしょり」があるため、一般的にその人の身長と同じ長さで作っており、身長=身の丈だから『身丈』というわけです。

それに対し『着丈』は、着つけ後の肩山からすそまでの長さ。両者には頭ひとつ分の長さのちがいがあります。

洋服の場合は?

一方洋服の場合、『身丈』は横の首のつけ根(肩幅)からすそまでの長さで、『着丈』は背中中央の首のつけ根からすそまでの長さです。シャツやパーカーは『身丈』も『着丈』もほぼ同寸法となりますが、タンクトップなど首まわりが開いた服では、背中中央が首より下がっており、『着丈』の方が短いというわけです。

ただし、『身丈』も『着丈』も同一と考えているメーカーも多い為、購入の際は『身丈』あるいは『着丈』がどの部分を測ったものなのかよく確認してからご注文ください。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索