〇✕△は 海外では通じない? 日本vs欧米

日本で使われる〇(マル)✕(バツ)△(サンカク)。海外では全く意味が異なるようです。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

日本では一般に正解・良いを 〇(マル)、不正解・悪いを✕(バツ) 、一部正解・どちらでもないことを△(サンカク)の記号で表します。テストでもクイズ番組でも、評価を表す場合でも ◎ 〇 △ ✕ の順で「たいへんよい・よい・どちらでもない・悪い」のように使います。 しつこいようですが「ここのランチは〇(マル)」とか「きょうはムリ✕(バツ)」と手でバッテンして伝えるとか、日本人なら子どもとでも、こちらで意思疎通できます。ところがこの 〇 △ ✕ の使い方は海外では全くというほど通じません。

欧米では正解は ✓(チェック)、不正解は〇(マル)とまるで逆。さらに △ (サンカク)はといえば、完全に意味不明のようで、欧米で正解とも不正解ともいえない場合は具体的に理由を書くのだそうです。

海外製の電化製品などで、〇とー(マイナス)のスイッチを見たことがある人もおられると思います。これも 〇(マル)がオフで ー(マイナス)がオンです。 意外なことに中国も欧米式。唯一の例外が韓国です。 〇✕を日本と同じように使うほか、テストでは △ も使用します。ただし不正解は ✓ や ✕ ではなく / (スラシュ)が一般的なのだそうです。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索