気密住宅と換気のカンケイ

近年の住宅は高気密・高断熱をうたった省エネ住宅がほとんどです。気密性が高いだけに計画的な換気システムとセットになっているのですが、果たしてみなさんのお住まいは正しい換気ができているでしょうか。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

換気方法は大きく3つ

近年は戸建て住宅でも気密性の高い住宅施工が一般的ですが、一時期間題となったシックハウス対策のため、2003年から24時間換気システムの設置が義務づけられました。それ以後建てられた住宅では強制的な機械給排気が行なわれていますが、その換気方式は大きく分けて、第1種換気 (機械給気→機械給気)、第2種換気(機械給気→自然排気)、第3種換気(自然給気→ 機械排気)の3種類があります。

ドアや窓が重くなる訳

そのうちもっとも多く採用されるのは、屋内に数か所の自然給気口を設け、排気ファンで換気を行なう第3種換気。ところがこちら、室内が負圧になりやすいのが難点。寒いからと給気口を閉じたり、フィルターがホコリで詰まったりすると給気より排気の量が増え、真空パックされてるような状態になるのです。玄関ドアや窓が重くて開けにくいのはこの負圧が原因で起こります。また、換気扇をつけるとエアコンが力タ力タ音をたてる場合、不足した空気がエアコンのドレンホースから取り込まれ、何かに当たっている可能性アリ。窓の隙間から風がヒューヒュー音をたてて入ってくるのも同じ。給気口をきちんと開放すればおさまります。

正圧だとなぜ困る

第2種換気は逆に正圧になり、室内の空気が外に押し出されます(ちなみに東京ドームは正圧にすることで屋根を膨らませているます)。おもに病院の手術室やクリーンルームに採用されるもので、住宅ではトイレの臭いや浴室の湿気が室内に逆流するため用いられません。もっとも安定的に換気できるのは第1種換気ですが、やはり高いコストがネックになるようです。

古い住宅も強制換気を

換気の方法にはさらにタイプがあり、給排気を同時におこなうファンや、給排気の際の熱ロスを抑えるもの、空気の排出をダクトでおこなう方法などなど。また、古い住宅の場合はサッシ上部の換気小窓を調節し、浴室の換気扇を長時間回す方法がオススメ。とにかく気密住宅では自然換気だけに頼らず、意識的な換気を心がけてほしいものです。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索