愛犬と暮らすペットリフォームのいろは

家族と同じように大事なペットと安心して暮らすためには、どんな事に気を付けてリフォームしたらいいか注目点をピックアップ!

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

ドアや床、窓の問題点から家電への対策まで

昨今のペットブームに伴い、人が安心して暮らせるリフォームに加えて注目されているのが、室内で愛犬などを安全に飼うためのリフォーム。ドアや床、窓にサッシといった部分から、コンロなど家電への対策に至るまで、押さえておきたいポイントを紹介します。

ペット用出入口ドア

小さなドアの設置で自由に往来できるように

ペットは自由に歩きまわりたいのですが、その都度ドアや窓を開け閉めするのは、面倒なもの。ペットの力で開閉できる小さなドアを取り付けてあげれば、ペットは自分の好きな時に往来でき、人もペットも快適に過ごすことができます。

コンロやIHクッキングヒーター

スイッチ形式に注意し、チャイルドロック付きを

人間の子どもと同じように、ペットに対しても火の元の管理はしっかりと。犬が鍋にいたずらしようとして、コンロに前足をかけた際、簡単に点火しないかスイッチ形式をよく検討し、またチャイルドロック付きのあるものを選びましょう。

ペット用フローリング

滑り止めワックスやタイルカーペットで工夫して

骨関節の健康には「滑りにくさ」「クッション性」が重要ですが、「傷つきにくさ」「掃除しやすさ」「価格」を優先して滑りやすい合板フローリングを選ぶ際は、滑り止めワックスを塗る、犬の通り道にタイルカーペットを敷くなどの工夫を。

防音サッシ

愛犬の鳴き声や外部の音を遮断

近所とのトラブルを起こさないために、鳴き声の防音対策は大事。二重サッシや気密性の高いサッシがおすすめです。また、外部からの音(ほかの犬の声、車の音など)をなるべく遮断して、愛犬のストレスも減らしてあげましょう。

調湿機能のある壁材

湿気をコントロールするとさまざまな利点が

珪藻土を練り込んだ壁紙など、調湿機能付きの壁仕上げ材は、室内環境に応じて吸湿・放湿する調湿作用があります。そのため、犬の被毛の乾燥を防いだり、また静電気の発生が抑えられるので汚れが付きにくくなるというメリットもあります。

床暖房

コードや温風もなく留守番の時も安心

コード類が表に出ないので、留守宅でも安心。また温風もないので乾燥しにくく、抜け毛も舞いにくいので寒がりな犬、アトピー性皮膚炎などの持病のある犬、老犬にはおすすめです。但し、ケージハウスの下が熱くなりすぎないように。

リードフック

玄関の外と内側で用途が異なります

玄関に愛犬をつなぐリードフックがあると助かりますよね。外にあるフックは、車を車庫から出す間や、鍵をあける時などに便利。玄関の内側のフックは、靴の着脱時や犬の足の裏を拭くときに。フックの高さは、犬の体高にあわせて考えましょう。

高窓

ペットのにおいの換気には高い位置の窓なら安心

ペットの気になる臭いを室内にこもらせないためには、通風・自然換気は不可欠な要素。ハイサッシなら、開けっぱなしでも脱走することがなく安心です。窓の位置は鳴き声が漏れる事を考えると、近隣建物の開口部付近は避けたほうがよいでしょう。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索