廊下や洗面所 寒くないですか?

住まいで気を付けたいのが部屋の温度差。急激な温度変化は体に大きな負担をかけ、ヒートショックを引き起こす可能性もあります。高齢の方だけではなく、若年層の方も要注意なのはご存知ですか?

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

ヒートショックとは

暖かい部屋から急激に冷たい部屋へ移動するなど、部屋の温度差にさらされると、血圧が急変し身体に大きく負担がかかります。

この負担をヒートショックといい、時には脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす原因にも・・・特に冬は住宅内の温度差が大きくなりますので、高齢の方だけではなく、若年層でも注意が必要です。

どんな場所で注意が必要?

家の中で特に気を付けておきたいのは、暖房が無く寒い部屋です。居室から廊下、トイレへの移動や、脱衣所から浴室、浴槽への移動など、温度差のある場所への移動には十分注意が必要です。ヒートショックを起こさないためには、こうした温度差をできるだけなくすことです。近年、高断熱住宅が増えてきましたが、断熱があまり施されていない住宅の場合には、より対策に配慮することが必要です。

どんな予防策があるの?

ヒートショックを起こさないための予防として、まずは家中の温度差をできるだけ小さくすることです。

脱衣所やトイレには小型の電気ヒーターを置いたり、窓まわりからの冷気の流入を防ぐため厚手のカーテンを取り付けたり、窓自体を高断熱のものに取替えると効果が見込めそうです。

大掛かりにはなりますが、床暖房を取り入れればより安心です。特に脱衣所や浴室など洋服を脱ぐ場では、約23度~27度程度が推奨されています。

浴室内は専用暖房を設けるか、シャワーの蒸気で予め温めておくとよいです。生活習慣も大切です。お風呂は熱すぎない湯温で深夜の入浴は避ける、夜間トイレに行く時には1枚暖かい服をはおるなど、身体に温度差を与えにくい暮らしを心がけることも、ヒートショック予防につながります。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索