水回りの床材選びのポイント

洗面所やトイレ、キッチンの床材選びで大切な機能は防水。汚れやすいので手入れがしやすいことはもちろん、滑る、カビがはえる、足元が冷えるという問題にも配慮が必要です。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

クッションフロア

安価で防水性が高いためもっともよく選択されるのがクッションフロア。ビニル素材なので掃除もしやすく、リフォームも比較的簡単です。デザインは石目調、木目調、タイル調などバリエーション豊か。防カビ、抗菌などの機能性も豊富です。

フロアタイル

クッションフロアより硬質で、よりリアルな質感のものが多いフロアタイルもオススメ。耐久性や耐摩耗性、耐薬品性にすぐれ、クッションフロア同様デザインも豊富です。

磁器タイル

高級感や耐久性、掃除のしやすさで選ぶならタイル。テラコッタ風などが人気ですが、濡れていると滑りやすく、硬い素材なので足が痛い、冷たいという欠点もあります。

コルク

やわらかな足ざわりが魅力なコルク。意外かもしれませんが、耐久性、耐水性が高く、カビも発生しにくいのが特徴。弾力性、断熱性にすぐれているので体への負担が少ない素材です。水回りには汚れに強い加工を施したものを選びましょう。

フローリング

無垢のフローリングは水に弱いものの、水回りで使えるように特殊加工された複合フローリングなら美しく、あたたかみのある床を実現できます。ただし、耐久性は完璧ではないのでこまめな拭き取りは必要です。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索