玄関ドアが開けられません

ドイツの玄関は一般的にオートロック式。なのでうっかり鍵を忘れて外に出ると締め出されてしまいます。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

ドイツの玄関は一般的にオートロック式

ラッチボルト(※)が掛かるだけなのですが、玄関にはドアノブがないか固定されていて回らないので、開けることができません。開かないけれど施錠されているわけではなく、普通は鍵で施錠をしてから外出します。

こうしてダブルロックされた玄関ドアを開ける際はまず、鍵穴に鍵を差して左右どちらかに2回転させて解錠し、さらに回すとラッチが引っ込むので、その状態でドアを押して開けます。つまり鍵で解錠後、そのまま鍵をドアノブの代わりに回すというわけ。ただしどのタイミングで押すと開くかはドア次第で、ドイツに住みはじめたばかりの人は玄関が開かない問題でかなり苦労するようです。

※ラッチボルト:ドアノブを回すと出たり入ったりする三角形の装置。

しかも内からの施錠も・・・

また家の中から玄関を施錠する場合にも鍵を使います。このとき内側から鍵を差したままにしておくと外から鍵が使えません。防犯対策になるので差しっぱなしの人も多いのですが、ほかに家族や同居人がいる人は注意が必要なようです。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索

リフォームのプロに会いに行こう。
イベント.Riho
(イベント・セミナー情報)