左官壁(塗り壁)の基礎知識

近年では、天然素材ならではの安全性や防火性、調湿性による防カビ・消臭効果が注目され人気が高まっています。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

伝統的な壁の工法である左官壁は、職人がコテや刷毛を使い、熟練の技で仕上げるもので、左官工法、湿式工法とも呼ばれます。

手仕事なので、時間もコストもかかりますが、どのようなデザインの住宅でも継ぎ目のない美しい壁をつくれるのが特徴。

近年では、天然素材ならではの安全性や防火性、耐久性、調湿性による、防カビ・防ダニ・消臭効果が注目され、人気が高まっています。

■土壁

各地で産出される土を主材料に、茶室などの和風建築に用いられてきました。仕上げ塗りの土によって「聚楽(じゅらく)壁」「錆砂(さびすな)壁」「大津(おおつ)壁」などと呼ばれています。

■漆喰

消石灰に海藻糊、すさ(麻)などを混ぜたもので、昔から城や土蔵、押し入れの壁などに使われてきました。真っ白なイメージがありますが、いまは顔料などを加えることで、多彩な色が選べます。

■モルタル

セメントに砂(細骨材)と水を混ぜたもの。用途が広く、下地づくりにも仕上げ材にも使います。あえて無塗装にしたコンクリート打ちっぱなしのような仕上げには人気があります。

■珪藻土

主材料は植物プランクトンの一種、珪藻の殻が海底等に蓄積した土。多孔質であることから、ホルムアルデヒドなどの化学物質を吸着・分解し、保湿性、断熱性、遮音性、調湿性にもすぐれています。

■白洲(しらす)壁

南九州で産出される火山噴出物のシラスは、マグマの超高温で焼成された高純度セラミック物質。他の火山噴出物とはまったく異なる性質を持ち、消臭・分解・殺菌・イオン化などの機能を発揮すると考えられています。多孔質であることから、珪藻土と同様の機能性を有し、施工後の風合いも独特です。

リフォームに役立つ情報や住まいを楽しくするヒントがいっぱい。
住まいの場所(部位)別で読みものにしました。

佐賀県にお住まいの方はこちら
佐賀県限定

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索