トコロ変われば ~不法占拠者を追い払う方法とは~  ◆スペイン

[05/11/21]


 

失業率が高いスペインでは、家賃や住宅ローンを払えず家を失う人が急増中。住むところがなくなり気の毒…と思いきや、彼らはちゃっかり空き家や空き店舗を「オクバ(不法占拠)」して快適に暮らしていたりします。

 

もちろん不法占拠は犯罪ですが、スペインには「所有者は建物を使用しない場合、公共のために有効活用する義務がある」そうで、侵入後24時間で追い出さなければ居住権が発生するというのです。

 

困るのは家主。空き家は入口を厳重に施錠したり、コンクリートで固めて封印したりするのですが、オクバはそれを破壊して侵入します。いったん占拠されたら警察に訴えてもムダ。追い出すには裁判所の承認が必要で、それには裁判費用と2年もの長い時間がかかります。

ただし家主にも対抗策がないわけではありません。

それはオクバが寝静まった夜に家族や友人とこっそり家に入り、すぐに警察に電話して「たったいまオクバが浸入してきた」と口をそろえて言うのです。

怪しさはどっちもどっちですが、これで警察も逮捕できるようです。 

 

 

 

 

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索

リフォームのプロに会いに行こう。
イベント.Riho
(イベント・セミナー情報)