ちがいはナニ? ~収入と所得~

[01/07/21]


 

「収入(年収)」とは、税金や社会保険料、経費などの各種控除額を差し引く前の額面上の金額のことで、会社があなたに払う総支払額のこと。一般に「給与」といえばこれを指し、源泉徴収票では支払い金額、給与明細では総支給額などとなっています。

自営業(事業主)の売上金額にあたるものです。

そして、この収入(額面金額)から会社員の場合は年収によって決められている経費(給与所得控除額)、事業主なら必要経費を差し引いたものが「所得」。さらにこれから税金や社会保険料を引き、実際に手元に入ってくるお金が「手取り」(給与明細では差引支給額)となるわけです。

たとえば、パート等で年収103万円の場合、経費にあたる給与所得控除額55万円(最低)を引いた48万円が年間所得額(2020年度の控除額改定後)。そこから所得税の基礎控除額48万円(一律)を引くと、収入がゼロになるため、所得税がかからないのです。

 

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索

リフォームのプロに会いに行こう。
イベント.Riho
(イベント・セミナー情報)