【 家の売り方 】

[01/07/21]


 

家を高く売るためのコツは知識と情報。

その第一歩として流れを把握しましょう。

 

▮準備編

 ①相場を調べる

  不動産取引情報サイトなどを参考に。

 ②ローン残債の確認

  ローンが完済できなければ家を売ることができません。

 ③相続登記

  相続は相続登記をして名義を変更。

 

▮査定を依頼

直接不動産会社に問い合わせるか、インターネットの一括査定サイト等で探しますが、必ず複数社から見積りをとってください。会社によって得意分野などが違い、査定額に数百万円の開きがでることもあります。

 

▮媒介契約を結ぶ

不動産会社と結ぶ仲介契約は3種類。

 ①専属専任媒介契約

 ②専任媒介契約

 ・・・①②とも1社に仲介を任せる契約(①は売り主の自己発見取引が不可)。

 ③一般媒介契約

 ・・・複数の会社に売却活動を依頼できます。

 契約した会社は他社が買い主を見つけた場合に

 取り分が減るため積極的に情報を流さないなどして

 売却に時間がかかることがあります。

 

▮売却活動

不動産会社の売却活動中売り主は

 ①内覧への対応・・・破損箇所の補修や清掃、不用品の処分などを。

  ここで好印象を与えられるかどうかが大きなポイントです。

 ②必要書類の準備

  【売却時】a.登記済権利証

       b.固定資産税評価証明書

       c.物件の図面・設備の仕様書

       d.土地測量図面・境界確認書、建築確認済証・検査済証(戸建て)

       e.重要事項説明書

       f.管理規約・使用細則(マンション)  など。

  【引き渡し時】

       g.身分証明書

       h.印鑑証明書

       i.ローン残高証明書  など。

 

▮売買契約

売買契約の締結と手付金の納入。売却にかかる費用も把握しておきましょう。

 ①仲介手数料、抵当権抹消費用など売却価格の4~6%程度。

 ②譲渡所得税・住民税(売却益の20%~40%相当)

 ③引っ越し費用

 

▮物件の引き渡し

売却代金の最終決済。転居を完了しておきましょう。

 

 

 

 

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索

リフォームのプロに会いに行こう。
イベント.Riho
(イベント・セミナー情報)