エアコンのお手入れ

家庭用の電気器具の中でも大量の電気を消費するエアコンは、フィルターにホコリが溜まると冷房が効かなくなり、電気も無駄に消費してしまいます。普段からなるべく小まめにお掃除するのが効果的です。チェックとお手入れの仕方をご紹介します。

記事の監修Riho事務局

地域のリフォーム店100社以上のポータルサイトを運営

どうしてエアコンは汚れるのか

エアコンは室内の空気を吸い込んで熱交換器に通し、その空気を暖めたり冷やしたりする仕組みですが、その吸い込む力でホコリも一緒に吸込んでしまいます。もちろんホコリを取り除くフィルターを備えていますが、細かいホコリが通り抜け、熱交換器やファンに溜まります。ホコリにはダニの死骸なども含まれ、ハウスダストの原因になります。またホコリが水 気を吸収するとカビが生えてくることもあります。

エアコンの汚れ具合のチェック法

エアコンの吹き出し口のルーバー(スイッチを入れると動く羽根状の部品。風の方向を調節します)を、スイッチを切って手で開き懐中電灯で照らしてみましょう。丸い筒のような送風ファンが見えるはず。この送風ファンにたくさんホコリが付 いていたり、吹き出し口周辺に黒い斑点状の汚れが付くなど汚れがひどくなると、エアコンクリーニング業者が必要になる場合があります。そうなる前に日頃のお手入れをきちんと行いましょう。

フィルターの掃除は小まめに行う

エアコンのお手入れは、小まめなフィルター掃除がポイント。月1回を目安に、エアコンを多用するシーズンはさらに小まめに掃除します。まず本体からフィルターを取り外し、ベランダなどでホコリの付いている側から掃除機をかけます。ホコリが取れたら水やぬるま湯に浸け、古くなった歯ブラシなどで丁寧に洗浄。十分水を切って陰干し、乾いたら本体に取り 付けます。湿ったままでは汚れやすく、カビも付きやすいので十分乾かすようにしましょう。

市販のエアコン内部要掃除スプレーの使い方

悪臭やホコリ、カビなどがひどくなると、フィルター掃除だけでは対応できません。これらを除去するためのエアコン内部用掃除スプレーが市販されているので、利用するのも方法の1つ。スプレーを使う時は、必ずエアコンの取扱説明書にしたがってコンセントを抜き、ホコリなどを掃除機で吸い取り、基盤や受光部、配線などに水がかからないよう気をつけながらスプレーします。作業後は、しばらく待ってから電源を入れ、試運転を行ってから使用します。

エアコンの日常的な使い方

換気せずにいると、室内の空気は1日で外気の2倍以上汚れると言われます。空気の汚れた部屋でエアコンを使えば、エアコン内部も汚れます。一日1度は部屋の空気を入れ替え、部屋自体のお掃除もマメに行いましょう。また、エアコンの設定温度は控えめが基本。暖房時は2℃低めに、冷房時は1℃高めに設定すると、約10%の省エネになるといわれています。また、カーテンやブラインドで窓を出入りする熱を減らすことも冷暖房効果を上げてくれます。

リフォームお役立ちコンテンツ
部位別でリフォーム記事を検索

リフォームのプロに会いに行こう。
イベント.Riho
(イベント・セミナー情報)